すべてはモテるためであるを読むと、オタクがモテる理由とモテない理由が分かる

オタクでもモテる。それが事実。

IMG_5777
すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

オタクはモテる。
モテないのをオタクであることのせいにしない方がいい。

同じ趣味を持った女の子とも付き合える可能性があるのに、
自分には出会いがないと言っている。

もしも、モテたいのなら、彼女が欲しいなら
絶対に見た方がいいのが自分自身。

そんなことを表紙からは想像できない内容の書いてある本
すべてはモテるためであるを読んで思いました。

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)
すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

もっと服装をどうしたらいいとか
女の子との話し方をこう変えた方がいいとか
そんなことが書いてあると思ったのですが、全く違う。

もっともっと根本的な内容に気づかされます。

そもそも、モテる理由ってあるのだろうか?
そんなところにまで考えさせられます。

アイドルが好きで、そのオタクをやっている。

もしも、それですべてが満たされているなら、
俺の人生最高!って言えるなら、それはそれでいいんじゃないだろうか?

モテなくても、本気で幸せならそれもそれでいい。
モテなくてはいけないこともない。

でも、モテたいという気持ちがあって、
モテていないなら、その事実と向き合う必要があります。

すべてはモテるためであるにはいろいろな問いかけがあるので、
それに答えていくだけでも、かなり自分の考えが整理されます。

モテるために行動をする前に、
自分とは一体何者なのかをはっきりさせておく必要があります。

あとは目的を持つことですね。
それがないと進むべきところが分かりませんから・・・

すべてはモテるためであるを読むと
自分の嫌な部分と向き合うことになります。

それはつらいことかもしれないけど、
モテるためには必要なこと。

このままモテずに人生を終えるのか?

それとも、今ちゃんと現実を見つめて、
自分を変えてモテる様になっていくのか?

いつだって、どっちを選ぶのかは決められます。

モテる様に自分を変えていきたいなら、
すべてはモテるためであるを読みながら行動することをオススメします。

⇒ すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

Copyright© 2013 ノギノギマン All Rights Reserved.