乃木坂46のファンでいることが恥ずかしい、黒猫の本を読むと、考え方が変わるかも

考え方ひとつで目の前の出来事は変わる。
同じ出来事があっても人によって、とらえ方は違う。

人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと

乃木坂46が東京ドームで始球式をやった時に
ファンの人は周りを気にせずに、堂々と掛け声をかけたり、
曲に合いの手を入れたりしていました。

周りの人の目を気にしていたらそれはできないこと。
でも、そうすると、思いっきり楽しめない。

野球の試合を観るのが目的ではなくて、
乃木坂46を観るのが目的。

別にそれだっていいと思う。

だから、思いっきり楽しめちゃうことができたら
どれだけしあわせなことだろう。

周りの人からの冷たい視線を感じることもあるかもしれない。
ネット上でいろいろと言われることもあるかもしれない。

でも、それをいちいち全部気にしていたら、
自分の人生は思いっきり楽しめません。

もちろん、客観的な意見なので、完全に無視するのではなくて、
耳を傾ける必要はあるって思います。

自分の行動を修正することも大事だとは思うけど、
人それぞれ価値観は違います。

好きな物だって人それぞれ。

野球を好きな人もいれば、
アイドルを好きな人もいる。

たまたま好きになるものが違うだけで、
そこには上も下もありません。

野球好きの人が東京ドームに行って、
みんなで歌ったり、応援をする様に、
乃木坂46のファンだって、盛り上がっていいはず。

そんな風に、この本を読んで強く思いました。

⇒ 人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと

嫌われてもいい!
そう思えたら、どれだけ楽なことだろう。

Copyright© 2013 ノギノギマン All Rights Reserved.