生写真に愛を!きれいに保管する方法

乃木坂46の生写真がぴったり入るOPPスリーブ

人に好かれる会話術 第0章を読んだ感想 会話下手を克服するために必要なことが分かった!

人に好かれる会話術

第0章9ページから83ページを読みました。
感想を書きます。

僕は会話下手を克服するためには、
ただ練習すればいいって思っていました。

人と話す機会を増やして、
徐々に慣れていけば話ができる様になると
考えていました。

でも、実はそれだけではダメなんですね・・・
考え方の部分をちゃんとしないと、話せる様にはなりません。

今の自分を変えるためには
脳のトレーニングも必要です。

それができたら、会話の練習なんてしなくても、
話すことができる様になっちゃいます。

人見知りにならずに、初対面の人とも話せたり、
かわいい人とも緊張しないで話すことができたり・・・

それができる人って、無意識だけど、
考え方がちゃんとしている人だと思います。

学ばなくたって、
それができてしまっている人がいる。

きっと今までの環境や、聞いてきた話や目にしたものが
そうやっていい考え方を作り出している。

でも、そうはなっていないんだとしたら、
今から学んでいくしかありません。

脳のちょっとしたメカニズムを知るだけで、
目の前の風景が一気に変わります。

同じ人と話をしていても、
全く違う人と話をしている感覚になる。

今まで苦手だと感じていたことも、
そうは感じなくなる。

やらずに逃げていたことも
やることが必要だって考えることができる様になる。

そうするために、何をしたらいいのかが分かりました。
今は人と話をしてみたい気持ちになっています。

会話上手になるために、楽しく人と話をするためには
実践することも必要ですが、その前に正しい考え方を身につけること。

それさえ分かってしまえば、会話をすることが楽しくなります。
他のことにも応用が効くので、苦手なことを乗り越えていくことができます。

コンプレックスって嫌なものだと思っていました。

でも、楽しいゲームをやる様な感覚で、
これから乗り越えらることができるものだと
考えられる様になりました。

人に好かれる会話術

第0章を読むと、何で会話ができなくて、
それを克服できないのかが分かります。